怒られても落ち込まない思考法

こんにちは、サイコパス斉藤です。今日はぼくの持論を聞いてください。

 

 

 

 

 

 

〇怒られて落ち込む必要はない

 

 

ぼくは怒られ、怒られ、怒られてきた。

もうそれはそれは怒られてきた。先生に怒られ、バイトの店長に怒られ、会社の上司に怒られてきた。怒られ名人だ。

 

なぜ怒られているかは重々承知している。

 

誰に何と思われてもよいからだ。テキトーだからだ。人の怒っている顔を見るのは、くせになる。人は怒るとき完全に自分に酔っている。支配しようとし、反省させようとする。

 

 

けれどもぼくには響いていないわけである。怒られているときはその人を「鑑賞」している。声量7点、表情6点、構成5点 総合評価C まだまだ怒り下手。このような感じだ。

 

 

 

 

ぼくの場合は確信犯的にやっているので、落ち込まないというところがあるが、何日も何日も引きずっている人がたまにいる。真面目な人ほど落ち込みやすいので、そんな人に順を追って説明していこう。

 

 

わかっているとは思うが、人を傷つけるなどの反社会行為をした人間に対しては怒るべきである。ぶちぎれて更生させてほしい。

 

 

〇怒る人は経験値がない

 

何故怒るかというと、引き出しが少ないからだ。いろいろ経験している人は、その時々の対処法を理解しているため、丁寧に導くことができる。怒りという感情が産まれない余裕があるのだ。

 

経験が少ない人の場合、自分の対処してきたこと以外のことが起きると、どうすればよいかわからないから怒ってしまうという論理だ。怒る以外の手段がないという状況である。

 

ヤンキーが年々丸くなっていくのはこのためだ。

 

 

 

 

つまりいい年こいて怒っている人は大した人生歩んでないのだ。

 

 

〇怒る必要がない

 

人がどういう経緯で怒るかわかるだろうか。なにか原因があって怒りが産まれキレる、と考えるであろう。

これが違う。人はキレたいから怒りという感情を作るのだ。

 

 

部下がミスをした場合、上司としてはミスをこれからはしてほしくないという目的が産まれる。そのために対策などを論理的に説明しさえすれば、部下も反省し、納得するだろう。本来怒りは登場する余地はない。

 

 

だが浅い人間はそのプロセスをめんどくさがり、怒りという感情を作り、簡単に屈服させようとするわけだ。怒ることが目的ではなく手段となっているのである。

 

 

ねえ、そんなやつのために反省する必要ある?というのがぼくの考え。

 

ぼくは怒られているとき、自分だったらどう導いてあげられるだろうと考えながら怒られる。こんなえらそうなこと言っているが、ぼくには全然経験値がない。なので、もしそういう場面が来た時にうまく橋渡しできるようになりたい。

 

 

というような思想を誰にも言わないので、周りからはなんで平気なの?とよく尋ねられるのである。メンタルが強いわけではない。怒りを分析した結果こうなったのである。

 

 

ここまで読んでみてどうだろうか。怒られてるときにそんな余裕あるわけないと思うだろうか。それならそれでよい。

 

ただいつまでも引きずって、悪循環に陥ってほしくないのだ。真面目な人ほど自分を責める傾向にある。

 

 

 

人に怒られた話はネタにできる、あとでどうみんなに話そうかな?くらいにおもっておくとよい。そして反省すべきところは反省し、自分の糧にしてほしい。

 

 

わかったかな?次怒られていつまでもくよくよしてたら、怒るよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人はインドでう〇ちをするべき

 

こんにちはー、今回はぼくの提案を聞いてください。食事中の人は絶対に見ないでくださいね。

 

 

〇日本人がインドでうんちをするべき2、3の理由

ぼくはユーラシア大陸横断の途中でインドに行った。その時の旅行記を交えながら

このタイトルの説明をしたいと思う。

 

 

ぼくが訪れたのはムンバイ。

 

インド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つである。

 

ふつう日本人はデリーを選択するが、ふつうは嫌なのでデリーを選択。

 

 

インドはクラクションが死ぬほどうるさい。3秒おきに鳴らすためもはや意味がない。

 

インドは汚い。町全体がもう汚い。ゴミめちゃくちゃ落ちてるし。

 

インドの人は胡散臭い。値段を聞いたら、その場で考えた値段を言う。日本人に対しては断られることわかっていて法外な値段を言う。

 

 

 

そんな中、ぼくはムンバイの秘境エレファンタ島に行くことにした。この島には石窟寺院がある。シヴァ信仰の中心地であり、グプタ朝時代に建設が始まったとされる。1987年にUNESCOの世界遺産に登録された。

 

 

インド門で適当に考えたであろう船のチケットを買い、島を目指す。


f:id:meganeyou1127:20170426183517j:image


f:id:meganeyou1127:20170426183535j:image


f:id:meganeyou1127:20170426183753j:image

 

エレファンタ島はこれまでのムンバイとは一変して、完全に観光地化しており、外国人もたくさんいた。日本人用のありえない高さの入場料を取られ、島に入る。


f:id:meganeyou1127:20170426183548j:image

 

完全に浪漫の島だ。ぼくは世界史マニアでもあるので興奮した。インドの人はとても気さくだ。英語の練習したいからガイドしてやるといわれ、無料でガイドしてくれたりした。


f:id:meganeyou1127:20170426183609j:image


f:id:meganeyou1127:20170426183621j:image

 

〇清潔という概念

 

一通り観光した後、お腹が痛くなってきた。まずいと思った。ぼくは当時はわりと潔癖なタイプでインドでは、比較的きれいなホテルのトイレなどを利用していた。

 

とても我慢しきれなかったので、島にある唯一のトイレに行くことにした。

 

そこで驚愕のものを目にした。

 

 

 

 

ぼっとん便所に収まり切れていないう〇ちタワーがそびえたっていた。

 

 

 

「嘘やん。」

 

 

葛藤した。ここでするくらいなら海でしたほうがましか、もらすか、でもみんなここでするわけだよな…旅人はみんなここでするんだよな…おれは旅人だよな…!

 

 

 

そしてぼくはそのタワーを増築した。

 

 

〇生きるとは

 

その後のぼくはとても晴れやかな気分だった。人生ってなんでもありなんだな、冗談抜きで価値観が広がった瞬間だった。

 

 

日本の常識はインドでは通用しない。インドは、世間体を気にしすぎる日本とは真逆の国だと思った。

 

 

インド人は毎日楽しそうだ。路上で偽物のユニフォームを売りながら、毎日毎日楽しそうに商売している。日本よりも貧しいだろう。そんなことは関係ないように見えた。

 

この経験からぼくは、あまりというか全く世間体を気にしなくなったような気がする(いい意味で)。

 

そして確実に今のほうが幸せだ。

 

顔色を窺う、とか、右に倣え、とか確かに時として大事な時もある。でもそれだけに固執してたらものすごい窮屈。

 

異文化に触れることで、今までになかったような考えが生まれるのことがある。これは事実。

 

日本の文化が窮屈な人、でもそれが全てだと感じちゃっている人。

 

 

インド行ってみない?あいつらすっげーてきとうですっげー幸せそうだよ。



 

 

今いる世界が全てじゃないと理解することはすごく大切だと思う。その世界で居場所がなくなると、追い詰められてしまう。

 

どうしようもなくなって、取り返しのつかないことをしてしまう。

 

 

 

今いる世界が全てじゃない。これだ覚えておいてね。以上。

 

 

 

 

ちなみに腹痛は一錠7円くらいの薬を飲まされて治りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の生きる意味

〇人間の生きる意味

 

についてです。暇な人だけ読んでください。

 

ぼくは大学四年生のころ、このことについてずっと考えていました。

みんな当たり前のように就職して当たり前のように結婚して当り前のように死んでいく。

そもそもなんで生きているのか、ここはどこなのか、自分は何者なのか…そんなことを

考えながら毎日ポケモンしてました。

で、自分なりの持論に行きついたのでそれを披露します。

 

〇当然だが人生に意味はない

この世のすべての起源をビッグバンとします。

 

ビッグバンはたまたま起こりました。たまたま起こったビッグバンによって、たまたまできた地球に意味はない。その地球に住んでいる人間の人生に意味があるわけない。

 

しかし子孫繁栄という本能を持って生まれたため、なにかと理由をつけて生きています。本来犬や猫と同じように、生殖だけ考えて生きていればよいはず。

 

しかし知能を身に付けてしましました。知能を身に付けたため、生殖のためだけに生きるのダサくね?みたいな感じで、自分たちの人生を崇高なものにしようとします。

 

事実だけではつまらないので、自分たちの人生に物語を作ろうとします。それが宗教であったり、芸術だとぼくは思っています。

 

自称「社会的な動物」である人間は、人生の目的をでっちあげようとします。日本でいえば、それはいわゆる「いい大学に行って、いい企業に就職して、いい家庭を持ち、いい老後を迎える」といったルートだと思います。人生意味ないのに。

 

だから実際何してもいいんですよ。常識とかくそなんですよ。例えばいい年こいてマインクラフトしてたら、笑うじゃないですか?この世界、現実でマインクラフトやってるだけですからね。

 

 

 

〇だからこそ愛おしい人間

で、ぼくが思ったのは人間愛おしいなぁってことです。確かに人間の作った常識とかはくそくらえと思ってます。でもプラスの面はすごい大好きです。

 

意味のないはずの人生にこんな意味づけして、楽しもうとするなんて愛すべきバカやなぁって思うわけです。

 

ぼくが映画とか旅をこよなく愛するのは、人間の生み出したプラスの部分を享受したいからです。

 

人生意味ないやん!→じゃあ死の。じゃなくて人生意味ないやん!→じゃあ自分で意味作ろ!ってなったわけです。ポジティブやん。

 

ちなみにこの考えがニーチェの肯定的ニヒリズムって後から知りました。時代が違えばぼくはニーチェになれたわけです。

まとめ

そもそも人生に意味があるわけないので自分で作っていこーって話でした。

なにがいいたいかというともっと哲学してほしい、漫然と生きるな、もったいない

旅に出ろ、映画見ろ。ブラック企業はいってしまったら辞めろ。ってことです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外に行く決心がつかないあなたへ

 海外に行く決心がつかないあなたへ贈るたった一つの方法

 

 

どうも、斉藤です。前回の記事で書いたように現在失業中ですので、ただいま人生模索中です。

 

〇多くの人が「行きたい」で終わってしまう海外旅行

 

 

海外行きたいけどお金がなあ…海外行きたいけどパスポートとかよくわかんない…

こういう人死ぬほど多いですよね。旅行サイトとか見てみるけど、結局願望で終わっちゃう…すごいわかります。ぼくは今でこそバックパック背負って10か国ほど旅していますが、最初にとても悩んだことを覚えています。

では僕が最初に行ったアメリカ ラスベガスへの旅行経緯をお話ししましょう。

 

〇きっかけは映画

 

 

きっかけって色々ありますよね。ぼくの場合は「オーシャンズ11」という映画でした。もともと洋画好きだったんですけどジョージクルーニー、ブラッドピット、ドンチードル、アンディガルシア、ジュリアロバーツ、マットデイモンなど聞いただけで鼻血出そうな俳優陣。盗みの天才がチームを組んで、ラスベガスのカジノに眠る超大金を盗むために化かし合う、スーパークール映画です。

 

心臓射貫かれました。うわあ、ラスベガス行きてぇ…この日からアメリカのことしか考えられなくなりました。

 

行きたい、行きたい、行きたい。でもサイト見るだけ。パスポートも取ってないし、英語しゃべれないし…いろんな理由をつけて日々を過ごしていました。

 

 

〇チケット無理やり買えよ

悶々としていた状況を打破してくれたのは友人の一言でした。ごにょごにょ言っているぼくに一言いいました。「今すぐチケット買え」。そうか、行かざるを得ない状況にすればいいんだ。ぼくは気がついたら往復チケットを買っていました…

 

そこからはこれまでにパスポートとらなきゃ、これまでにいくら貯めなきゃ、などポンポンことが進みました。サンキューラスベガス

 

 

〇大丈夫、なんとかなる

そんなこんなで無事ラスベガスに行きました。案外どうとでもなります。行けばわかります。ぼくはこれをきっかけに海外にはまりました。これがなければ今の自分はないと感じています。

 

旅行に決心なんてばかばかしいと思いますか?ぼくは先日会社を辞めましたが通ずるものがあると思います。人間は環境のせいにします。なぜかわかりますか?そのほうが楽だからです。

 

 

何が言いたいかというとチケット買え!今すぐ(笑)

 

いろんなことを我慢して生きている方多いと思います。ですがこう思います。

やりたいことをやってはいけない理由なんてどこにもない。

大丈夫、だいたい気合で何とかなる。

 

 

 

ラスベガスどうだったかって?


f:id:meganeyou1127:20170418132233j:image





 

 

 

サイコーでしたよ、当り前じゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生は無価値?

気が楽になる話をしよう。

 

人生の価値について。


f:id:meganeyou1127:20170416234258j:image

 

人は何かの価値を計るとき、それより大きな尺度を用いる。

 

 

 

たとえば「好きな食べ物」の価値観を計るのは「自分」という尺度。「自分」という存在の価値(そんなものは実際にないが)を計るのは属する「社会」など。その「社会」の価値を計るのは、「歴史」や「また別の社会」、、、

 

 

この世で最も大きな単位を宇宙とする。宇宙の価値は?

 

計れないよね。

 

以上により宇宙の価値は計れないとし、その宇宙に属する全ての物は「価値が計れない」。

 

何が言いたいかというと、この世界に意味なんて無いんだからもっと気楽に行こう。

 

無意味な世界を楽しもう。ニーチェは無意味の中に意味を作った。

 

無意味な世界にルールなんてない。やりたいことやろう。行きたい場所に行こう。

 

あなたの価値は計り知れない。


f:id:meganeyou1127:20170416234206j:image

 

人生が変わった映画

「価値観が変わる」なんて言葉を安易には使いたくないが本当に価値観が変わった瞬間は映画「イントゥザワイルド」を見たときだけだ。



名門大学を合格した主人公のクリスは、物に溢れた世界を忌み、地位も名誉も財産も捨てて1人荒野を旅する。

幸福とは何か。生きるとは何か。人生は誰のものなのか、、、自分をぶっ壊そう、少しだけ勇気を出して。

 

この映画を見てうちひしがれた。なぜ生きているんだろう。誰のための人生なんだろう。人生のゴールは何なのだろう。

 

社会は様々なルールを押し付けてくる。誰が決めた?これは僕のストーリーだ。他人のために生きているのではない。

 

言い様のない強烈な違和感は何なのだろう。今、幸せなのだろうか。このままでいいのだろうか。僕はバックパックに荷物を詰め始めた。

 

人生に失敗なんてない。なにをしてもいい。どこにいってもいい。幸せになろう。

 

アメリカで気づいたことがある。日本人は世間体気にしすぎ!人のために生きているみたいで嫌じゃない?自分を評価するのは自分だけで充分。

世界は物で溢れている。本当に必要なものってなんだろう。物で隠れてしまってない? 見つけ出そう。物で誤魔化すのはもう辞めよう。

 

 

クリスは旅路の果てに幸せの本当の意味を知る。僕も今旅路の途中。メチャクチャ楽しい。どんなトラブルにあってもオールオッケー。最後に笑っていられればね。



f:id:meganeyou1127:20170506230559j:image





 映画「イントゥザワイルド」見てほしい。皆で幸せになってほしい。

 

人生のルール?

大企業に入ると偉い、いい大学に行くとすごい、フリーターは恥ずかしい、お金持ちは偉い…いろいろな概念があるよね。

 

僕は今サラリーマンをしていて、いつか自分のゲストハウスを作るために頑張っている。ゲストハウスなんてダサい?社会の負け組?一般的なルールではそうかも。

 

 

人生のルールなんてあるのだろうか。たまたまビッグバンが起きてたまたま地球がうまれて、たまたま誕生した人間が文明を生み出し、さまざまに作られた暗黙のルール。

 

 

 

死ぬほどどうでもいい。他人の評価なんて気にする意味はない。他人の人生をなぞることになるよ?

 

 

僕はわりと人に見下される。人を見下す人は自分に自信がない。まあ好きに見下してくれ。君らとは違う土俵で人生を楽しんでいるから。

 

 

人はすぐに比べてしまう。安心したいから。何かに属してないとアイデンティティがぶれてしまう。比べないと自分を肯定できないって悲しくない?

 

今日からもう人と比べるのはやめよう。やりたいことやろう。好きなことをしていたら人と比べる余裕なんてないよ?

 

君は君だ。好きなことをやれ。世間体を気にするな。やりたいことをやってはいけないルールなんて潰してしまえ。

 

好きなことを1つ思い浮かべてみて。それをしているときの自分も。最近笑えてる?

 

 

僕は旅が大好きだ。皆は何が好き?


f:id:meganeyou1127:20170409235306j:image